いつもの事だね

食品レビューや恋愛、健康などについて綴っています。

糖質制限で炭水化物も一気に抜いたら・・・?食べ方と量もやはり大事!

ぽんです!

最近、甘い物を食べたり、炭水化物を多く摂ったりした後、1~2時間ぐらい経つと非常に眠くなる事が多く、やる気が減ったり頭の回転がよく無かったりしたので、機能性や反応性の低血糖症と呼ばれるものになってしまったのだろうと予想しました。

以前も同じような症状が出て一度糖質制限をしました。 その時は量を少し控えるように対策をし、効果が出たのです。

ただ、確かに最近は以前に比べ、一気に甘い物を多く食べてしまったりと、良い食べ方ではなかったので、自分が悪いのですが・・・。

かなり前ですが、その時は一日一食の場合もあって、その一食で結構食べても眠くならなかったのです。 勿論これも良い食べ方ではないですよね・・・。

そこで、せっかくなので炭水化物も一緒に抜いてみようと思い挑んでみました。

糖質制限食

炭水化物や砂糖などの糖分を抜く事によって、血糖値の急激な上昇からインシュリンによる下落を防ぎ、血糖値が下がりすぎる為に起きる、無気力や眠気、アドレナリンやコルチゾールの増加を防ぐ事が目的になります。

試しに甘い物を止めて、炭水化物もカットし、野菜やたんぱく質、種子系の食べ物をこまめに摂り、血糖値を安定させていきます。

やはり糖分がない分、エネルギーが足りなくなるので、たんぱく質などでマメに供給してあげないと血糖値が必要なほど上がらないという事です。

これを考えると、食事の時間が増えるという事。 食事に掛かる金額が増えるという事。

以上が考えられるので、場合によってはちょっと大変!

しかし、とりあえず試してみます。

糖質を抜いた初日はゆで卵や野菜で乗り切る

まずは初日、ゆで卵や野菜、チアシードなどをマメに補給しながらすごします。 思ったよりも問題無く、苦しさもありません。

当然食事後も眠くならないので、血糖値の関係だったんだと納得!

ただ気付いた事としては、ちょこちょこ食べないと頭が回らなくなるというか、考えが鈍ります。 気を付けないと、極度ではありませんが血糖値がやや低い状態になってしまうのでしょう。

糖質の無い食べ物で頑張って上げていくのは大変ですね!

2日目がふらふらで頭痛がでる

二日目の朝、いつもより少し起きるのが遅くなりました。

そして感じたのが、ものすごい体のだるさです。 しかも鉛の様に重いんです。 起きるのも辛いですが、起きた瞬間もっと調子が悪くなるのでは?という恐怖もあり中々起き上がれません・・・。

それでも時間が経つと少し楽になり、起き上がる事に成功! もう頭はクラクラするし、歩くとふらふら! 風邪を引いた時の様にヨタヨタしてました。

とりあえず食事を摂るのですが、何故か頭がガンガンして痛いのです。 これは結構辛くて中々収まらない。 どうやら、糖分でエネルギーを作っていたが、それが無くなったので体がエネルギー不足を感じているらしいのです。

さらにケトン体をエネルギーにする事に慣れるまで、時間が掛かる為もあるそうです。 足りない分を補充できないんですね・・・。

あまりにも辛いので、少しだけ炭水化物としてパスタを食べました。 量も何本という単位。 それを一本ずつゆっくりと食べました。 すると、眠くなったりせず、頭も軽いし頭痛も無くなりました。

明らかにエネルギー不足でしたね・・・・。

ここで、一気に糖質を無くす前に、食べ方や食べる量を考えてみようと思ったのです。 順番的にはこちらが先ですよ。

炭水化物を食べる前に、食物繊維やたんぱく質を先に摂取し血糖値の上がりを抑える事が出来るので、症状も出にくくなるという訳なんですね。

ちまちま食べながらだと問題は無いので、暫くはこれで行こうと思いました。

その日の夜、ついついお団子を買ってしまったのです・・・。 買い物に行くと、糖質制限の事を忘れて買っちゃうもんですね。

しかし、これも試しと言う事でお団子をゆっくり食べてみます。 いつもは一気に食べきっちゃうぐらいの早食いなんです。 あっという間に食べちゃう!

それをせず、お団子を1つ、ゆっくり食べる。 少し時間を空けて2個目。

そんな感じで1本を10分ぐらい掛けて食べたところ、まったく眠くならないし、頭もボーっとしない!

野菜やたんぱく質を摂っていなかったのですが、ゆっくり食べる事で乗り切りました。

早食いはダメだと言いますが、本当なんですね! しかも痩せ方なので、筋肉が少ないと糖分を貯める場所も少なく、血中の糖分が増えやすいのだと思います。

とりあえず食べ方や量を考えつつ行こうと思った訳です。

感想

糖質制限をする時は、炭水化物や糖分を食べる順序や量に気をつける。 そして最初に食物繊維やたんぱく質を食べる事によって、血糖値の急上昇を防ぐ。

以上を行い、それでも眠気や無気力さが出るようであれば、完全に炭水化物も抜くというような方法を取る。

そのように考えて行こうと思います。

少なくともいままで、ゆっくりと少しずつ食べるという事に無頓着だったので、今回は良い機会に恵まれたと思いますし、注意していこうと考えています。

ここで血糖値が安定し、やる気がそがれなくなれば、ブログなど様々な作業も捗っていくでしょうし。

一度目と同じように、量や食べる順を再度気をつけ、運動なども増やしていくのが最適ですよね。

後はガツガツ食べないように気をつけようっと!

以上、ぽんでした。

【関連記事】

機能性低血糖症の症状や原因などから治療法を個人的に綴ります

砂糖で調子が悪くなるのは、取り過ぎや組み合わせ。個人的に気を付けている事を紹介します。