いつもの事だね

食品レビューや恋愛、健康などについて綴っています。

給食とお弁当、どちらの方が良いのでしょう?栄養バランスか愛情か

給食って懐かしいですよね! 献立が張ってあって、休み時間にそれを見て今日は何が出るんだろう?と思いながら過ごす。

そんな頃を思い出すと胸が熱くなります。

中学では給食が一般的で、80%のようですが、横浜市では給食ではないそうなんです。

自分は給食だったので、違う場所があるんだとちょっとビックリしましたが、考えは色々あるのだと思います。

では給食とお弁当はどちらが良いのでしょうか?

食育 - Wikipedia

給食

給食の良いところといえば、やはり栄養のバランスだと思います。 子供の内は体や心を作っている段階だと思いますので、正しい栄養を取る事によって健やかに育つことができそうです。

確かに嫌いな物があったり、食が細い方は食べ切るだけでも大変だったりすると思います。

自分も小学生の頃は食パンに苦労して、中々食べ切れず牛乳で流し込むなんて事がありました。

その時は美味しいとか何とかと、考えていられる状態では無かった事を覚えています。

ある意味食べることも仕事の一つのような考えという事もあると思いますし、ある程度美味しければまた良い事だと思います。

栄養に関しては研究によって変わってきたりしますよね1

例えば牛乳は体に良いか悪いかと議論されていますし、献立に合う合わないも言われていました。

最近ではグルタチオンという体内の抗酸化物質が増えるとも言われているようで、これが本当ならばストレスにも強くなると思います。

とりあえず栄養士さんが考える給食には間違いが無いと思われますので、食べておくと良いと思います。

お弁当

これは親の愛情を直に感じるところでしょうね! 早起きして作ってくれたお弁当を食べると、安らぐ感じはします。 中学生だとお弁当を見られるのが恥ずかしいなんて事もあるかも知れませんが、それも良い思いででしょうね!

家に帰ってお弁当箱を渡す時の会話でも、オキシトシンなどの愛情ホルモンが出そうなので、脳にもストレスにも良さそうです。

後は好きな物が食べられるので、昼食の時間の喜びは増すと思います。

おそらく昼食時間が一番の楽しみだと思いますので、満足感はアップしそうです!

大変なところといえば、親が大変というところでしょうか? やはり朝のお弁当は手間がかかりますし、働いている方だとさらに苦労はかさみます。

お子さんが本当に感謝をしてくれるのはもう少し後になると思うので、そこまではちょっと我慢が必要かも?

バイキング

話によると給食がバイキング方式の学校があるそうで、デザートバイキングや卒業バイキングといったような場合はあるみたいですね!

これなら問題は無いと思いますが、あまりに頻度が高いと食育ににならないような気がします。

おそらく好きな物だけ沢山取ってしまうようになるし、人気の無いメニューは残ってしまって廃棄になりそうだしと矛盾点が多そうな気もします。

好き嫌いを無くすのは、嫌いなものでも多少の我慢をしながら食べる事により克服するのだと思います。

おそらく家の食事では嫌いな物は出ないと思うので、給食で慣れることも必要かな?なんて考えちゃいますがどうでしょうか?

感想

個人的には給食だったので給食は有難かったなと思っています。 あまり食べた事の無い献立もありますし、ソフト麺ミートソースなんて給食じゃないと中々食べる機会が無いでしょうし・・・。

残さずに時間内に食べるというような、協調性も食育のいっかんなのでは?なんて思いながら、今では好きなものばかり食べてしまう自分がいます。

とりあえず、かぼちゃプリンとビンのコーヒー牛乳が大好きでした!

ちなみに自分が飲んでいたコーヒー牛乳って、ビニールが黄色だったのですが、今思うと金髪のギャルみたいですよね!