いつもの事だね

食品レビューや恋愛、健康などについて綴っています。

ブルーライト対策でサンテPCを使ったら目が痛くなくなったよ!

f:id:juserk:20150506090248j:plain

ディスプレイを見ている時に、PC用メガネだけだと50%のブルーライトをカットできますが、残りは目に来ちゃうと思うんです。 ですから、もう一つ対策として目薬を買ってみたんです!

その名は「サンテPC」!

スマホやパソコンからのブルーライトのダメージをケアしてくれるそうなので、まさに望んでいた目薬という訳です。

いかにもデジタルを意識したような文体やカラー! カラフル過ぎて目に響くのは内緒です。

そしてPC用とうたう訳ですから、効果の方もかなり期待ができそうです!

そのような訳で、今回試してみた結果を綴って見たいと思います。

サンテPCの特徴や成分

・ビタミンB12 ・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム ・ビタミンB6 ・ネオスチグミンメチル硫酸塩 ・タウリン ・グリチルリチン酸ニカリウム ・クロルフェニラミンマレイン酸塩 ・塩酸テトラヒドロゾリン サンテPCの特長|参天製薬サンテ PC

以上の成分が配合されているようで、目の炎症を抑えたり、退社を良くしたり、疲れを癒してくれたりの効果があるそうです。

目に良さそうな成分が一杯なので、すごく効くんだろうな!

f:id:juserk:20150506090158j:plain

綺麗な赤色!

使い心地の感想など

まず箱から取り出してみると、真っ赤な目薬が登場します! まるでラズベリーのような鮮やかな赤は、ビタミンB12に色という事です。

ちょっと美味しそうでなんだか惹かれてしまいます。

早速なんで一滴ずつ垂らしてみます・・・。

冷た過ぎず、マイルドな使い勝手! なんとなく良い香りもするし、中々の良さだと思います。

箱には、清涼感として5段階で3のレベルと表示されていますが、もっとマイルドな印象を受けました。

例えるなら気持ち涼しいぐらいと言った感じでしょうか?

たまたま使用した時、左目がゴロゴロしているような、逆さ睫毛が入ってしまったような刺激があり、気になっていたのですが、サンテPCをさして数分したら、あっという間に違和感が無くなっていました!

これはすごいと小躍りしながら喜び、やはりブルーライトのせいだったんだなと再確認しました。

やはりダメージは蓄積され、どんどん症状が出てきてしまうんですね!

用法・用量では一日1~3滴を6回ぐらいまでと書いてあります。 ちょっと調子に乗って沢山さしすぎたら目が痛くなったので、回数は守らないとだめですね。

効果が強すぎてしまうのかも知れません。

個人的にはやや少なめにする事で違和感も無くなり、楽な状態が続いています。

値段は税込みで615円でした!

中々のお値段ですが、効果を知れば損は無いと思います。

感想

参天製薬のサンテPCを使ってみた感想でした!

正直ここまで楽になるとは思いませんでしたので、スマホやPC作業中など、中々目の痛みが取れない方は試してみてはいかがでしょうか?

自分もPCメガネとのコンボは手放せなくなりました。

ちなみにロート製薬にもロートデジアイという目薬があり、こちらもブルーライト対策の目薬という事です。

こちらも今度使ってみようかな?なんて思います。

【関連記事】

JINSPCのハイコントラストレンズのスクエアで頭痛や目の痛みが格段に減りました。