いつもの事だね

食品レビューや恋愛、健康などについて綴っています。

くも膜下出血は前兆が無い場合もあり血圧が低くても健康でも起きる

ぽんです。くも膜下出血はいわゆる脳卒中の仲間で、起きてしまうと命にかかわる事が多い病気です。

しかも急に起きてしまい対処がとり辛いのに早くしないといけない危険な状態も続きます。

くも膜下出血│標準医療情報センター

今回の話は知り合いに聞いた話で、まったく健康で血圧も高くないのに急にくも膜下出血で倒れ脳死状態になってしまった男性の話。

考えられるといえばストレスかもしれないという事しか想像がつかないのです。

 

くも膜下出血の前兆が無い

その男性は60歳少し前で、かなり筋肉質、タバコやお酒もしないで、血圧なども高いどころかむしろ少し低めであったと言います。

 

持病なども特に無さそうだしまったくくも膜下出血に繋がるとは思えない人物でした。

例えばコーヒーが好きで年中飲んでたり、タバコやお酒が好きだったり辛い物を極端に食べていたりするとなんとなく危なそうな気がするな~。って事は分かるんです。

 

それならむしろ気をつけなよ?って言われていると思うんです。それすらないので誰も想像すらできない。

 

それは娘の結婚式

その男性がくも膜下出血で倒れたのは娘さんの結婚式の時だという。親族の紹介をする時に急に言葉が出なくなりろれつが回らなくなる。

 

すでに兆候は出ていてすぐに倒れてしまったという事でした。嘔吐もしていたと言うらしく、喉に詰らない様に対処したそう。

 

救急車をすぐに呼んだが中々来ず、10分以上かかってしまったらしい。

病院搬送されたが時間がかかってしまった為か脳死の状態になってしまったそうです。

 

一番幸せな時に一番不幸な事が起きる。まさに幸と不幸は表裏一体、紙一重という事だろう。

何故くも膜下出血が起きたのか

いたって健康であり何も問題ないのに起きた事から、体の調子は問題ない。

筋肉質と言うところから過度なストレスに悩まされている事も少なさそう。

 

やはり娘の晴れ舞台であり、恥をかかせられないし自分も失敗する訳にはいかない。そう考えるが余り極度の緊張に襲われノルアドレナリンやコルチゾールなどの抗ストレスホルモンが大量に分泌されてもおかしくは無い。

 

普段とは違った緊張感だけに体が慣れていないし、だからこそ耐性も無いので受けるダメージは大きかったのだろう。

そして血圧も正常値でありながら急に血圧が上がったせいで血管がもたなくなり動脈瘤ができてしまったのだろうか?

 

やはり体の健康だけではいけないと思わせるし、適度なストレスは体を強くさせるのだろうか?とも考えた。

 

どのように予防していくか

体の健康はまず第一に考えていくのは当然として、精神の問題も同じ様に重要視しないといけない。ふだんあまりストレスを感じていなかったりすると軽く考えてしまいがちだが、人間は普段から心にダメージを受けている。

 

個人的にはやはりビタミンCを日頃から摂取しておくとストレスにも負けないし、ダメージの蓄積も減らせる。

 

緊張したりストレスを感じた後に風邪をひきやすい人は、今回の様な病気に発展しやすい気がするので、ビタミンCはおすすめ。

 

そんなの効果ないだろ~!って言う人程野菜や果物を食べていなかったりするものです。

まとめ

  • くも膜下出血は必ずしも前兆がある訳でないし、血圧などが正常で健康でも起こりうるという事。
  • 急なストレスがかかる事によって病気に繋がりやすい可能性。
  • ある程度のストレスに慣れる事で耐性が付く可能性。

などなど色々考えさせられる事柄です。

 

そして今思うと、こういう時に求心って飲む物なんだろうな。とも思った訳です。