いつもの事だね

食品レビューや恋愛、健康などについて綴っています。

電車で席を譲る時に断られない方法です

ぽんです。こんにちは。

電車に乗っていると必ず起きる事それはお年寄りなどに席を譲るという場面。

そんな時席を譲ったが断られてしまう場合があると思います。もちろんお仕着せがましくしてはいけませんがやっぱり座って欲しいのが人の心。しかも無碍にされてしまったらその時の自分の周りの雰囲気と言ったらもう・・・。

 

 

ですから、さらっと譲りしかも断るタイミングを与えないスマートな譲り方をご紹介します。

もちろん後一駅で目的地に着いてしまうのでむしろ立ったままの方が楽でいい。っていう方もいらっしゃると思いますがその場合は一切考えておりません。

これは譲る方がその場の雰囲気や空気で読み取ってあげてください。

 

ちなみに自分の場合座ると何故か酔いやすい為立っているのが楽なんですが、たまに席が空いていて座ってみようと思うとすぐ目の前に年配の方が立ってらっしゃる場面に遭遇。

やはりお前は席を譲って立ってなさいという事なんでしょうね。

電車にて断られない席の譲り方

まずは自分が座っている時に目の前に年配の方が来た場合、ゆっくりと立ち上がり「良かったらどうぞ」とお伝えします。

 

これはまさにスタンダードですがゆっくり行動して優しくお伝えする事により。ビックリして拒否してしまう場合を防ぎます。

なんか怖い!と思われると座ってもらい辛いかもしれません。

 

「座ってください」と言うと強制的に聞こえ命令的に取られた場合、プライドが邪魔して断られてしまう場合も考えられますので、あくまでもお任せします的な言い方が良いと思います。

すぐに立ち去る

立ち上がって譲った後、すぐに応じて貰える場合は問題無いですが「後一駅なんで」や「大丈夫ですから」と遠慮される方は非常に多い。ここで「いえいえどうぞ」とやりあうと時間がかかってしまう。

 

この場合に良いのが「立っちゃいましたので~」と優しく笑顔で言いつつ、すぐにその場を少し離れます。

 

そこに残ったのは空いている席と譲った相手。早く座らないと他の人に座られてしまうし、せっかく親切にしてくれたのに無駄にしてしまう。これは座らないといけないよね。と理由付けになりますのでプライドの高い方でも応じやすいのです。

 

そしてその場から離れた後は当然目の届かないところに行くか反対側を向いて様子を伺わない。これは相手からすると気になりますので絶対にしないでくださいね。

改札側のドアの前に立つ

立ち上がった後に改札に近い方の度の前に立つと意外と相手の為にもなります。

 

譲った相手が下車して改札側に歩いてくると自然と自分と顔を合わせます。律儀な方は一言お礼を言いたいと思ってくれる方もいますので、自然と会釈を交わしやすい場所になりますので、自然な流れで良いですね。

まとめ

電車内で席を譲る時に断られない方法でした。

 

格好良く譲る事で相手も満足自分も満足できますし、良い気分に慣れますよね。

しかも電車内は公共の場、意外な人がその場面を見てくれているかもしれません。良い事は隠れてする事もいいのですが、目立ってもいいと思います。

 

スマートに席を譲る。試してみてはいかがでしょうか